Works

Graphic

IMS Networkロゴ制作

一般社団法人Japan Innovation Network様
Scope
  • ロゴ開発
  • デザイン
Role
  • Direction
  • Art Direction
  • Design
Client
一般社団法人Japan Innovation Network様

大企業・中堅企業向けにイノベーションの加速支援を行う一般社団法人 Japan Innovation Network様が立ち上げたIMS Networkのロゴ制作のお手伝いを行いました。

イノベーションマネジメントの標準化を目的として、国際標準規格ISO56002が策定され、その際、一般社団法人Japan Innovation Network様も主導し大きな役割を担ってきました。
これまで各企業に一対一で加速支援に向き合ってきたJapan Innovation Network様ですが、企業同士を結びつけるネットワークを作り、さらにイノベーションを加速させるための仕組み「IMS Network」を立ち上げました。
世界中の組織で蓄積されたイノベーションの知識を共有することで、IMS(Innovation Management System)の一層の加速を目指します。

ロゴ制作過程の説明

今回、担当させていただいたIMS Networkのロゴの制作では、これまでJapan Innovation Network様のお仕事をお手伝いさせていただいた中で感じたイノベーションが興る過程をアイデアの一つとしました。
イノベーションを興し続けるためには、一方通行の枝分かれ構造や、単一的なマトリクス構造ではなく、さまざまなステークホルダーが複層的に重なり合い、互いに影響しあうことで、企業・市場・社会の革新の可能性を高めます。IMS Networkのロゴは、この「セミラティス(semilattice)」構造をモチーフとしています。また、扇形のフォルムは、IMS(Innovation Management System)ネットワークが世界中に広がっていくイメージを込めています。